2015年7月12日日曜日

虫の神



メインクエ最初の蛮神ラーヴァナ戦。

グナース族の蛮神だけあって、まさに「虫」。
剣の形を見てると、クワガタとかカブトムシとかそんなところなんでしょうか。


ほんでもって、よく喋るなぁと思う蛮神でありました。

ラーヴァナって虫の神様か何か?と思って調べたら全然違った。
虫の神様だったらスカラベだよなぁ・・・ 

(wikipediaより)
・ラーヴァナは、インドにおける魔王の1人。

・ラークシャサ(羅刹)の王で、ランカー島(セイロン島)を本拠地としてラークシャサ族を治める。

・10の頭、20の腕と銅色の目、月のように輝く歯と山のような巨体を持つ。

・ラーヴァナはかつて傲慢さゆえにランカー島を追われたラークシャサ族の再興を期して、千年のあいだ苦行に励いだ。
 それは10ある頭を1つずつ切り落として火にくべるという荒行で、最後の1つを切ろうとしたとき、ブラフマー神に認められ、「神仏に負けない」という絶大な特権を得た。

・またシヴァの住むカイラス山を揺らして罰せられたラーヴァナは、シヴァに許された際チャンドラハース(月の刃)という剣を貰う。



シヴァとの絡みは一応あるのですね。

それにしても死にまくりました。これからの戦闘、どんどん難しくなっていくんだろうな・・・( ;∀;)

モデルはココさん。

こんな間近でアウラ見たのは初めて。
背景と服の色がピッタリあってました。さすがおしゃれさん。

次は、ソーム・アル。
これが終われば、高地ドラヴァニアの空を飛べるのですね。

それでは。






0 件のコメント:

コメントを投稿