2015年7月28日火曜日

不浄の三塔



視線を感じて見上げると、ドラゴンが壁の隙間からコンニチハ。

――不浄の三塔にて。


それでは。

2015年7月27日月曜日

ドマの子どもたちを探せ


なぜか、同じポーズで会話してくる二人。

そういえば、ドマの子どものクエが終わってから、コハル、ロッカ、シウンの3人がいない。
どうやら、かくれんぼをしている様子。

別にクエじゃないんだけど、モーグリ探しで鍛えた眼力で、3人の子どもたちを探しだしてやる!

※自分で探したい方は、ブログをそっと閉じて下さい。



シウンくんは、すぐに見つかりました。
ヨウザンくんのちょっとした豆知識を教えてくれました。

残りは、将来のクノイチ、コハルちゃんとロッカちゃん。

どこだー どこだー!


こんな所にいた。

さぁ、残るはロッカちゃんのみ。
これがなかなか見つからず。
ミコッテの子がいる場所が境界線で、おそらく石の家方面には行かないはず。

ロッカちゃんや~い( 」゚Д゚)」


ここだったかー やっと見つけた。

思わず漏れちゃったロッカちゃんの乙女心。

このミコッテ幼女がドマの仲間に加わって、ヨウザンくんをめぐるコハルとロッカの思いはいかに・・・
なんてことはないだろうけどw

結局、かくれんぼを一番楽しんだのは、ララフェルおねーさんでした。

さぁ、メインクエの続きをやろうかな。


それでは。

2015年7月26日日曜日

モードゥナの子猫ちゃん


ミコッテの幼女ですよ!
二人いると言われている、そのうちの一人にようやく会うことができました!

な、なんてかわいいの・・・(*´Д`)

しっぽ撮影するの忘れたけど、まだ生えかけってくらい小さいし。
目がものすごく大きくて、ちょっとぼーっとした感じです。

セリフからして、どうやらドマの子供のコハルと仲がいいみたい。


この子が見られるのは、モードゥナのドマの子供のたちのクエを達成するのが条件のようです。

コハルがいた場所にひっそりと佇んでいます。


それでは。

2015年7月25日土曜日

ウォードハンター・ファー


「じゃ、私はあちらでチョコボ見張ってるね」

なんて。

IDのソーム・アルにて、ウォードハンター・ファーをゲットできました。

エカトルグローブをミラプリして、テイルフェザーの住民っぽく。

この装備すごく気に入ってるんだけど、街中では田舎者っぽく見えるんだよなぁw


それでは。

モグレオさん


この会話、ちょっと笑った。


それでは。

2015年7月23日木曜日

モグットさんに聞け


エオルゼアは横に広く、イシュガルドは縦に長い。

登ったり降りたりするのは楽しいけれど、モノ探しには苦労する。

でもね、このクエはちゃんとNPCの説明を聞いてなかった私が悪かった。

エーテの周りをグルグルグルグル回って、登れそうにない崖に無理やり登ろうとして、
あの苦労はなんだったのw


ソーム・アルの頂上は、それはもう夢を見ているような、のどかな素敵な光景でした。


いつまでもここにいたい・・・・

でも、まずはクエを進めないと。




それでは。


2015年7月22日水曜日

( ˘ω˘)スヤァ


なんだなんだ、この可愛さは(゚д゚ )

ちっこいのともっとちっこいのが並んで、キノコのお布団で寝てるんですよ!

あざとい!なんてあざとい! か、可愛い・・・(イゼル

グリダニアのモーグリとの違いは、ピンクのボンボンとピンクの羽。

イベントのときみたいに、モーグリ探しをしちゃいますね。


ベタなセリフだなキミは!


それでは。



2015年7月21日火曜日

そんなあなたが可愛い

モーグリにメロメロになっていくイゼルさんを御覧ください。


最後は「様」付けで呼んでるし。

そんなあなたが一番可愛い。


次は、可愛いモーグリのSSを貼っていきます。


それでは。

2015年7月20日月曜日

初めてのドラヴァニア雲海


ドラヴァニア雲海を初めて訪れた時の私の感想。

おなかすいてる時に見たらダメですね。

※訂正 アバラシアじゃなくてドラヴァニアでした(;´∀`)


それでは。

ソーム・アル


「霊峰踏破ソーム・アル」。

遠くから見ると、青い風景なんだけど、近寄ると実は真っ赤な世界。


ID終了後の5分間に、逆走してSSを撮るのが一つの楽しみです。

ID中に私だけ落ちてしまって、とてもご迷惑をおかけしました。
フレさんとPTを組んで、CFで参加していたのですが、
みなさん、戻ってくれるまで辛抱強く待っていて下さいました。

本当に感謝です。

モデルはなおさん。

よく考えたら、イシュガルドのIDは全部なおさんに手伝ってもらってるなぁ。

ゲーム内の交流が少ないため、フレさんが極端に少ない私。
それでも、一緒にIDに行ってくれる人がいるというのは、恵まれてるんだなと思います。


さぁ、次はドラヴァニア雲海だ!


それでは。

2015年7月17日金曜日

高地ドラヴァニア

高地ドラヴァニアのSSをただ貼るだけの日記。

【不浄の三塔】


【遠鳴り岩】

【スモーキングウェイスト】

【チョコボの森】

新エリアはどこを撮っても絵になるのですが、それが返って面白みのないSSになっている気がします。
でも、今はまだ、見たことのない光景にただ感動して、バシャバシャと何も考えずに撮っているから、ヘンにひねくれてない、 素直な写真でそれはそれでいいのかもしれない。


高地ドラヴァニアのクエは、残すところあとソーム・アルのみに。

いつものごとく、IDに行く勇気がなかなか持てず、続きが早く見たいのにメインクエが進まない状態。

明日でも頑張ってみるかな。


それでは。

2015年7月16日木曜日

パイッサ


tiwitter上では、スペースパイッサなるコラ画像が流行っているようでして。

これは、パイッサ撮ろうとしたら、襲われた時の一枚。

急に人気者になったパイッサ。

胸のあたりについてるのは、まさか乳首じゃないだろなw

見開いたどこか焦点の合わない、どこか不気味さを感じさせる目と、可愛らしい身体とコミカルな動きのアンバランスさ。

私はずっと、この生物はドングリの妖精だと勝手に思っておりました。

ほらだって、上空には松ぼっくりみたいなのも浮いているし。


パイッサは、遠くから眺めるほうがカワイイ。

それでは。

2015年7月13日月曜日

もう一花咲かせたいもんじゃのう


と思う三国のリスキーモブたちでありました。



それでは。

テイルフェザーの手袋


テイルフェザーのNPCが全員はめている手袋。

イクサルの蛮族クエストで使用するエカトルリストグローブかと思ったら、羽の部分がチョコボでした。

イクサルが真似したのか、テイルフェザーの人々が真似したのか。


それでは。

2015年7月12日日曜日

虫の神



メインクエ最初の蛮神ラーヴァナ戦。

グナース族の蛮神だけあって、まさに「虫」。
剣の形を見てると、クワガタとかカブトムシとかそんなところなんでしょうか。


ほんでもって、よく喋るなぁと思う蛮神でありました。

ラーヴァナって虫の神様か何か?と思って調べたら全然違った。
虫の神様だったらスカラベだよなぁ・・・ 

(wikipediaより)
・ラーヴァナは、インドにおける魔王の1人。

・ラークシャサ(羅刹)の王で、ランカー島(セイロン島)を本拠地としてラークシャサ族を治める。

・10の頭、20の腕と銅色の目、月のように輝く歯と山のような巨体を持つ。

・ラーヴァナはかつて傲慢さゆえにランカー島を追われたラークシャサ族の再興を期して、千年のあいだ苦行に励いだ。
 それは10ある頭を1つずつ切り落として火にくべるという荒行で、最後の1つを切ろうとしたとき、ブラフマー神に認められ、「神仏に負けない」という絶大な特権を得た。

・またシヴァの住むカイラス山を揺らして罰せられたラーヴァナは、シヴァに許された際チャンドラハース(月の刃)という剣を貰う。



シヴァとの絡みは一応あるのですね。

それにしても死にまくりました。これからの戦闘、どんどん難しくなっていくんだろうな・・・( ;∀;)

モデルはココさん。

こんな間近でアウラ見たのは初めて。
背景と服の色がピッタリあってました。さすがおしゃれさん。

次は、ソーム・アル。
これが終われば、高地ドラヴァニアの空を飛べるのですね。

それでは。






2015年7月11日土曜日

イゼルさんのパンツ


黒でした。

ショックで打ちひしがれるイゼルさん(違。



お尻も素敵です。


それでは。

ヴァスの塚


お鍋に入ってるように見えて、ちょっとかわいいと思った。

虫鍋と思ったら気持ち悪いけど。

高地ドラヴァニア:ヴァスの塚。



それでは。


2015年7月6日月曜日

累積プレイ時間


累積プレイ時間 33日4時間26分

多いんだか少ないんだか。

プレイ時間の内訳。

SS撮影>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>クエ>>>ギャザクラ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ID

/playtime  で累積プレイ時間が分かります。

それでは。

2015年7月5日日曜日

サンフラワーガーデン


すっかり夏ですね!

庭にひまわりを植えてみました。


サンフラワーガーデンは、各国の補給担当官(FREE COMPANY)から軍票1,800クレジットで交換できます。


それでは。


空を飛ぶ

やっと、空を飛べるようになりました!

 
空の壁にドーン。

まだ慣れなくて、あっちフラフラこっちフラフラ。

まっすぐ飛んでいるつもりが降下してるし、地面に降りようと思ったら逆に上昇してしまったり。

でも、楽しい楽しい!


境界線がこんな上に。自分の動きとともに、境界線もついてくる。

陸からと空からと2回楽しめる。


まずは、陸を堪能してから、次に空からの景色を堪能。
最初は、すぐに空飛べなくて残念と思っていたれど、今は、このシステムで良かったと思っています。


それでは。

2015年7月4日土曜日

騎士の日記


『廃砦捜索 ダスクヴィジル』に行ってきました。

道中に落ちている騎士の日記の内容です。
ネタバレ注意。

____________________________________________

降り注ぐ隕石、黒き影が放った炎。
私が体験したすべてを、後世に伝えるため、
騎士パスカルレー・ヌールタイユが記す。

まさしく、この世の終わりなのかもしれない。
兵たちは動揺し、「第七霊災」が到来したと騒いでいる。
これを読む者は、その真実を知っているのだろうか。

指揮官であるユヘルメリック卿からの指示で、
砦内の被害状況を調査したが、ひどいものだった。
堅牢を誇った城壁が、見るも無残に崩れている。

兵たちは皇都への撤退を望んでいるが、
ユヘルメリック卿が下した決断は、砦の死守だった。
当然だ、ダスクヴィジルは皇都を守る盾なのだから。


崩れた瓦礫を取り除き、懸命に救助活動をしたが、
助けることができたのは、わずかに数名のみだった。
その者らも、ここ数日の寒波で衰弱してきている。

季節外れの雪が舞うほどの寒さは、
傷つき、疲れ果てた我々から、体力を奪っていく。
だというのに、皇都からの救援は、未だにこない。

雪と氷によって孤立した砦内で、氾濫が起こった。
備蓄食糧が底をつきつつあることを知った兵たちが、
ユヘルメリック卿に、撤退を進言したのがきっかけだ。

だが、卿は砦の維持に固執し、これを拒否。
凄惨な戦いになり、多くの命が失われてしまった。
唯一の救いは、新鮮な肉が手に入ったことだけか……。


私は罪を犯した。
汚らわしい罪だ……そう、罪なのだ。
だが、生きるためには必要だった。

家族の元に帰るには、生き残らなくてはならない。
だが、生きるとは、いったい何なのだ?
奴らは、動いているではないか!死んでいるはずなのに!

____________________________________________


エッダちゃんの手記に雰囲気は似てるけど、エッダちゃんほどのインパクトはない。

ここは、ベンチマークにあったダンジョンなのかな?

フレさんにお手伝い頂いて、無事クリア出来ましたヽ(・∀・)ノ

さあ いよいよ空を飛ぶぞ!


それでは。


2015年7月2日木曜日

白い世界

アルフィノは雪景色が似合う。


うん、まあミニオンなんだけどw

西部高地に生えている、何気ない白い植物に惹かれます。
日本画の世界みたい。


焚き火に照らされて、少し赤みががる雪。
伸びる影が美しい。

晴れた日のAM3:00頃から日が登るまでのほんの少しの時間。
雪はきれいな薄い紫色に染まります。


急に回りの氷壁が紫になったのでちょっとびっくり。

白い世界だけど、白だけではない、いろいろな姿を見せてくれて、またSSフォルダが悲鳴を上げるのです。


それでは。