2017年5月13日土曜日

Mammeteer

「わたす」エモでも反応しないミニオン。

でも、称号に[Mammeteer]とつければ、反応してくれる。

そういうのがあるのは随分前から知っていたんです。

 
追従型ミニオンを30種類持つともらえる「我に続け!:ランク1」は持っていたので、アチーブメントはありました。今日気づいたのですけどw

しかし、どうやってつけたらいいのかわからない。

いろいろ探し回ってやっと見つけました。


キャラプロフィールの名前の横の小さなメモ帳みたいなアイコン。

あなた、こんなところにいたのね・・・  気づかないよ・・・


それでは、さっそくつけてみましょう。称号は非表示でもOK。



称号[なし]では当然反応しません。(アルドゴートは通常のなでるエモで反応があると勝手に思っていた・・・)

果物見せても完全無視。
 

[ミニオン・コレクター][ミニオン・マスター]も試してみましたが、やっぱり来てくれませんでした。

しかし、[Mammeteer]に切り替えた途端、


 いそいそと来てくれましたよ!

ドール系のミニオンもいそいそと来てくれる。ああ、かわいい。

いままで、反応のないミニオンの動きを撮るのが大変でしたが、これで少しは楽に撮れるかな?と思います。

それでは。

2017年5月7日日曜日

レッサーパンダの故郷


レッサーパンダの説明を読んでいたら、生息地はハイデリンの大陸「三州」の北州及び東州のようです。

『FF14用語辞典 ~ ウィンダスの仲間たち版 (http://ff14.ffo.jp/)』によると、アルデナード大陸(エオルゼア)は西州、イサルバード大陸(ガレマール帝国)は北州、 オサード少大陸(ドマ)は東州。

ドマにはパンダの里やレッサーパンダの森があるのでは?

と、期待に胸を膨らませるけど、おそらく無いと思います。


それでは。

2017年5月5日金曜日

くぽくぽ


モーグリ消化寸前。

高地ドラヴァニアのF.A.T.E.『飽食の恐竜アベリスク』

内容:腹の中から「くぽくぽ」と声が聞こえる大型のアルケオダイノスが現れた。飽食の恐竜、アベリスクを倒せ。

おたおたモーグリ : くぽぽ・・・モグのおともだちが見当たらないくぽ。でも、アイツのお腹から、くぽくぽ聞こえる、気がするくぽ・・・どういうことくぽ?

おたおたモーグリ : も、もしかしてくぽ?

おたおたモーグリ : お、お腹のなかくぽ?

モーグリデイリーの移動中によく見かけるF.A.T.E.。

倒してもモーグリは出てこないとのこと。

FATEもじっくり鑑賞するとなかなか面白い。
 
少しずつ書き留めていこうかな。

それでは。

2017年5月4日木曜日

不甲斐なさ


戦闘が下手です。

スキル回しの説明を片っ端から読んだり、動画を見たりして自分なりに勉強はしているつもりなのですが、いざ戦闘が始まると頭は真っ白、手は震え、指は固まり、LRの切り替えもままならない状態に。

覚えたはずのスキルは全部吹っ飛び、本当に押せるボタンをただ押している、当然火力は全く出ずに、戦闘はいつまでも終わらない。もうひとりのDPSさんが一人で戦闘をしているようなものです。

画面もほぼアイコンを見つめて周りを見ていないような状態なので、PTリストやログもまともに見ていない。ログを見ていると手が完全に止まっている。

ピーアン下さいと催促されているのに、それさえ気づかないという有様です。

バフをして、ウインドとベノム撃って、あと一つ何か打ったらもうウインドとベノムは消えている。
動作がものすごく遅いのでしょう。アイアンジョーで更新なんてする余裕もない。


私、4年近く一体何をやってきたの。


でも、一番いけなかったのは、下手だからと迷惑をかけるからとずっとエキルレに参加しなかったこと。

人に頼りすぎていたこと。

今、ようやく初めてのAW作成に取り掛かっていますが、こんなに自分の不甲斐なさに苦しめられるとは思いませんでした。


それでも、頑張らないとね・・・ 



それでは。


紅蓮のリベレーター ベンチ

『紅蓮のリベレーター』のベンチマークをやってみました。

映像の解析はいろいろな方がされていると思うので、ここは自分が見て気になったところだけ。


注目するのはやっぱり風景。

緑と赤のコントラストがきれいな樹木。


広大な大地での戦闘シーン。

火炎砲をぶっぱなす機工士。


向かって右手の帝国側の機械兵。バイク?


シーンが切り替わる時のイラスト。切替時の待ち時間のBGMがちゃんと前後の音楽と繋がっていて、リズミカルでいいなと思いました。


クロガネの地へ。

手前にいるのはグナースではありません。

波止場には擬宝珠。ぐっと和風感が。


一気に和風に。装備は日本。建物はアジアを全部集めた感じ。

今までのロング丈の装備は裾が全部広がってたけれど、タイトなのは初めてなんじゃないでしょうか。


女性の帯はお太鼓とちょうちょ結びがあるのがわかります。

腕と背中に家紋があります。 ここはFCマークになるのかな。

その前に、これはNPCしか着られない装備かもしれないですが。


でっかいお肉は健在です。

樽みたいなのもあったので、どんな小物があるかを見る楽しみが増えそうです。


これは、菜の花? 植物をじっくり観察したい。


海の中にはオルトロス。

葛飾北斎の『蛸と海女』」できるよなとか思ったり・・・ エロい人はぜひチャレンジを。


戦闘シーン。
詩人としてはこのかっこいいモーションは嬉しい。

次のパッチまであと少し。

楽しみですね。

ちなみに、ベンチスコアは15300くらい。


それでは。


2017年5月3日水曜日

緑の培養液


ギョッとする光景ですね。

アジス・ラー アルファ管区隔離実験島の中。

緑色の培養液?に浸された中身は、そのまま見るとなにかぼやっとした形しかわからなかったのですが、グループポーズで光源をつけるとこんな光景が浮かび上がってきました。

グループポーズ優秀です。

それでは。


2017年1月4日水曜日

ぺったんぺったん

今年の降神祭も、もちつきサイクロプスが大活躍です。

イベント会場は、中央ラノシアと低地ラノシア。

困り顔のアウラ餅代官が、ジロウマルと待機。

「餅つき会場はここだぜ!」



イベントはもう済ませてしまったので、見学です。
餅代官ごめんね。

話しかけると、サイクロプスが杵を奮って餅をつきます。


タメ時間中に臼から餅を取るか、周りの餅食い鳥や白いスライムみたいなもの(餅なんでしょうが)を倒すと餅がもらえます。

写っているのは羊です。この子は関係ない。

この場所を選んだのは、羊を餅に見立てたのかな?

餅をついたときに受けるダメージは結構大きい。

小餅もとい羊が吹っ飛びそうな勢い。

サイクロプスを見学。

腰ににミカンと笹の付いた扇を挿しています。模様は松と梅かな?


腿にはシダとミカン。腰は紅白のしめ縄。


イベント内容は去年とほぼ同じな上、兜を交換したら、他に餅と交換する景品もなく。

2日目には餅つき会場には、すでに人がいませんでした。

パイッサは「鳥猿」という種類なんですね。干支2年分活躍中。


それでは。


相乗りで空を飛ぶ気持ちよさよ


フレさんが デブチョコボを購入したとのことで、さっそく相乗りさせてもらいました。

花かんむりの部分が横綱のマワシに見えるのは私だけでしょうか。


操縦してもらって 空を飛ぶのがこんなに気持ちのいいことだったなんて!


リフトの部分をゆらす動きもあります。

ふわーっとゆらーっと、ただただ流れる景色をぼーっと眺める。


水中スレスレに飛んでみたり。もちろん運転は人任せ。

モブにぶつかる心配もありません。運転者がイタズラで突っ込んで行かなければw


このふわ~っとした感じ、ああこれは、「アルプスの少女ハイジ」のオープニングで、確かハイジが長いブランコに乗って雲にダイビングするシーンがあったはず。あの感じだ。

知らない人にはなんのことやらwですが。


色んな角度からの撮影がはかどる・・・はずですが、それも放棄したくなる心地よさ。

レンタルチョコボもありますが、あくまで短い距離。そして、空は飛ばない。

30分レンタルマウント空の旅なんてものがあったらいいのに。

ほんとにそう思いました。

これも最初だけで、きっとすぐに飽きられてしまうものでしょうけど、それでもたまに乗りたくなる人だっているはず。

なんてことをぼんやり思いながらの楽しい空の旅でした。


運転してくれてありがとう!


それでは。

2017年1月3日火曜日

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

ブログ書いてないけど。

書きたいことがあっても、文章力がなさすぎて諦めてしまう。

今年はちゃんと書けたらいいな。

それでは。